抜かない矯正(SH療法)

歯を抜きたくない普段の歯で生活したい患者様のためにSH療法

SH療法とは?

抜かない矯正(SH療法)は、歯を削ったり抜いたり せずに、特殊なスプリングを組み込んだ装置を 使って、傾いた歯を徐々に起こして歯並びをよく する治療です。 誰にも気づかれず今まで通り生活できる、新しい 時代の歯列矯正です。 装置の写真

      SH療法に使用する矯正装置

 

SH療法のしくみ

 

生活習慣などで内側に倒れこんでしまった歯を外側に向かって起こします。

歯並びのアーチが広がることで歯が並ぶスペースを作ります。

大事な歯はそのままに、歯が並ぶスペースを作ることで、本来あるべき姿に近づけます。



 
歯のアーチの変化の説明図

 

装着したところ

上あご

       上あご
正面

          正面
下あご

         下あご

 

SH療法のメリット

 

メリット1,装着は夜間のみ



装着するのは、おもに夜間の就寝時間(8~10時間程度)。

矯正していることを周りの人に気づかれにくいため、これまでのライフスタイルを変えることなく歯並びを整えることができます。

 

メリット2,自分で装置を着脱できる



装置を外したいときは自分で取り外しができるため、装着することに対するストレスが軽いというのも大きな特徴です。

 

メリット3,スポーツもOK


スポーツ(水泳・サッカー・野球など)も、装置を外して楽にできます。吹奏楽の楽器の演奏は装置を付けたままでも可能です。

 

メリット4,年齢を選びません



乳歯が生えそろった5歳頃から始められます。また年齢とともにガタガタになってきた前歯も、装着するだけで綺麗になります。70歳台の方まで効果が実証されています。

 

メリット5,痛みが少ない



装着時の痛みは、他の矯正方法と比べるとかなり少ないと言われています。歯を押されるような感覚はありますが、就寝できる程度のものです。



 

治療の流れ

 

1,スタート SH療法についてのご説明、ご理解をいただき治療を開始します。  
    
2,撮影 レントゲン撮影・歯型取り・口の中や顔などの写真撮影。
    
3,装置の完成 3週間後、完成した装置を実際に装着し、付け方の手順や操作方法の詳細な説明。
    
4,自宅にて装着 就寝時間の8~10時間を目安に、毎晩装着をしていただきます。
    
5,メンテナンス 1~2か月ごとに調整や指導。矯正が完了するまで、しっかりとサポートしていきます。
    
6,追加矯正 歯列の乱れが大きい場合のみ、ブラケットを使用した矯正を追加することがあります。

別途、矯正料金がかかります。
    
7,保定装置 矯正が終了後、後戻りを防ぐために保定装置を装着します。およそ2~3年、食事や歯磨きの時以外は使用します。

 

実際の症例

 

上顎のみ、夜間8時間装着

上顎のみの装置の着用をしたお子さまの例です。開始前(8歳の頃)は上の歯が下の歯の後ろに隠れている状態です。

約1年間、毎晩就寝時に8時間装着をしたところ、9歳の頃には上の歯の傾きが直り、下の歯より少し前へ矯正されたことが分かります。

※矯正のスピードは個人差がありすべての方が同様の効果を得られるわけではありません。

 

 

装着前

上の歯が下の歯の後ろに隠れている状態
1年後

上の歯の傾きが直り、下の歯に少しかぶさるよう改善

 

 

よくあるご質問

 

Q 矯正にかかる年月はどのくらいですか?
A 歯列不正の程度や、装着時間、口の周りや舌の筋力、様々な習慣により、矯正のスピードは変わりますが、成人の場合は平均で3~4年かかります。

 
Q すきっ歯も治療できますか?
A すでに隙間が多い歯列を閉じることはできません。また、骨の形を変えることはありませんので、骨格的なうけ口や上顎前突などを改善することはできません。

 
Q 矯正後に顎が出たり、顔の見た目に変化は起こりますか?
A 顎の骨の大きさは遺伝でほとんど決まっているので、矯正が原因で変化することはありません。

 
Q 非抜歯矯正のデメリットを教えてください。
A 矯正では、どの矯正方法でも必ず起こるデメリットがあります。歯を動かすときの痛み、何らかの歯根吸収、歯肉退縮、知覚過敏、虫歯のリスクの増加、矯正装置による口内炎、多少の後戻りなどです。

 
Q 後戻りはありませんか?
A 矯正治療は元来の歯並びを強制的に変えていくので、多少は元に戻ろうとします。そこで、後戻りを防ぐ保定装置を使用や、矯正終了後も定期的なチェックが必要です。

 
Q セラミックの歯や銀歯が入っていますが矯正治療できますか?
A 基本的には可能です。ただし、ブリッジがある場合は、処置が必要なこともありますので、ご相談ください。

 
Q 治療費の分割払いはできますか?
A 可能です。歯列矯正などの保険外治療費の場合、一般的なクレジットカードローンに比べて分割払いの利息が少ない「デンタルローン」もご利用いただけます。

 
Q 何年も続けられるか心配です。
A 治療中は取り外しが可能な装置を使用します。毎日決まった時間は使用しないと歯が動きません。年齢や生活リズムが大きく影響することがありますので、矯正開始前にしっかりと継続できることを確認してください。

 

抜かない矯正料金表へ