定期健診

 

歯医者さんは治療のためではなく治療しないために来るところです

 

「歯が痛い」「歯がグラグラする」

そういった違和感を感じて来られた患者さまの多くは、すでに治療が必要な段階になっています。

もちろん、皆さんそのことをよくわかっていますから、いよいよ痛みが我慢できなくなるまで歯医者には行かないという方も多いのではないでしょうか。

定期健診はなぜ必要?にも書いたとおり、治療が必要な段階で歯医者に行くこと、治療を先延ばしにすることは、歯の寿命を縮め、将来様々な負担になってあなた自身に返ってきます。

 

定期健診の内容

 

当院では、むし歯と歯周病の予防を中心に、患者さまのお口の中を総合的に、そして継続して管理していきます。ご希望があれば、歯磨き指導・歯並び確認も致します。気になることは何でもご相談ください。

自宅での正しい歯磨き+定期健診で、治療いらずの歯を目指しましょう!
診療結果イメージ

 

健診内容

 

 口内チェック

  歯と歯茎、粘膜の状態・詰め物の不具合などをチェック

 歯周ポケットのチェック

  歯を失う最大の原因は歯周病!歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になってしまいます。自分では確認できない歯周ポケットの深さはどのくらいか確認します

 むし歯のチェック

  ごく初期のむし歯や、歯と歯の間などの直接見えない場所もプロの目でチェックします。一度治療した詰め物の周りもむし歯になりやすいので注意が必要です

 レントゲン

  歯の根っこや、歯と歯の間、詰め物の状態、歯の生え変わりの状態などはレントゲンで確認する必要があります。妊娠中の方や小さなお子さまなど、レントゲンに抵抗のある方はご相談ください

 

治療が必要な場合は

 

 歯のクリーニング

  歯科医師や歯科衛生士が行う、専門的なお口のクリーニングです。自宅ケアでは取り切れないバイオフィルム(歯垢や歯石)を除去します。虫歯や歯周病の予防になるのはもちろん、歯の表面がツルツルになりすっきりします。(痛みはありませんが、嫌がるお子さまには歯磨きのみ行っています)

 フッ素塗布(幼児~中学生)

  子どもの歯は虫歯になりやすい無防備な状態です。フッ素も取り込まれやすく、むし歯の予防効果も期待できます。当院では、より多くフッ素を浸透させる、「フッ素イオン導入」を採用しています。(痛みはありませんが、嫌がるお子さまには歯磨きでのフッ素塗布を行っています)

  子どもの歯に効果大!フッ素をより浸透させるフッ素イオン導入

 

費用・時間

 

 定期健診(歯の状態確認)の内容のみの場合、成人で所要時間平均30~40分くらい。

  費用はおおよそで、3000~4000円ほどです。

  ※歯のクリーニングやフッ素などの治療は、別途費用がかかります。

 中学生以下のお子様は「子ども医療費助成制度」の範囲内で受診いただけます。

 

市の定期健診を利用しましょう

 

多くの自治体で歯科検診を実施していることをご存知ですか?

定期検診を考えている方は、自治体のすすめる歯科検診をきっかけに始めてみるのはどうでしょう。

詳しくはお住いの自治体の歯科検診情報を確認してください。

  当院では吹田市の歯科健康診査が受けられます