入れ歯・ブリッジ

 

食事が進む、会話も弾む。歯があることのよろこびを取り戻したい

 

歯科治療において、自身の歯をできるだけ残しておくことはとても重要です。

当院でも、よほどの事がないかぎり抜歯はしません。

しかし、やむをえず歯を失った場合は、「入れ歯治療」・「ブリッジ治療」・「インプラント治療」のいずれかで、失った歯の機能を補助することをお勧めします。

図のように、「入れ歯治療」はすべての人に可能な治療法です。

「ブリッジ治療」・「インプラント治療」は、失った歯の場所、年齢、あごの骨の状態などにより選択できない場合もあります。

それぞれの治療法に、メリット、デメリットがあり、患者様の置かれている状況や口の中の環境、価値観に基づいて、適した治療法を選択していただければと思います。

 

入れ歯治療

 

周りの歯にバネで固定する取り外し式のものです。

周りの歯を削ることなく、治療が安全に行えます。

金属フレーム製のものが一般的です。


 

 


メリット

・健康保険でも作ることができる。

・短期間でできる。

・他の歯をあまり削らずできる。

 
デメリット

・装着に違和感を感じることがある。

・固い物が食べにくい。

・場所によって見た目が良くない。

・発音しにくい場合がある。

 

ブリッジ治療

 

抜けた歯がまだ1~2本くらいで、その前後に健全な

歯がある場合は、その歯を利用して橋を渡すように

ダミーの歯を作って噛めるようにするのがブリッジです。

固定式のため、自然な噛み心地になり、見た目も自然に

そろえることができます。

欠点は、支えに使う歯を削る必要があることです。

 


メリット

・健康保険でも作ることができる。

・短期間でできる。

・装着しても違和感があまりない。
デメリット

・健康な歯を削る必要がある。

・歯の抜けた部分の骨がやせやすい。

・口内が不衛生になりやすい。

 

インプラント

 

歯のないところに人工の歯根(インプラント)を

埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法です。

固定式のためしっかりとよく噛め、隣の歯を削る

必要もありません。

最も天然歯に近い見た目、噛み心地になり、

長期間負担なく使用できます。

最も大きなデメリットは保険が適応しないことです。

         インプラントについて

 


メリット

・残っている健康な歯に負担をかけない。

・見た目がまるで自分の歯のように仕上がる。

・自分の歯と同じく何でも噛める。

・長期的に負担なく使用できる。
デメリット

・外科処置が必要となる。

・治療に時間がかかる。

・健康保険が適用できない。