医療費控除について

 

医療費控除とは?

 

医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、納めた税金の一部が還付される制度です。

納領収書は大切に取っておきましょう

 

1 その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が対象です。
2 所得が多い人が申告した方が戻ってくる金額が高くなります。
3 所得が多い人が申告した方が戻ってくる金額が高くなります。
4 申告し忘れても、5年前まで遡って医療費控除を受けることができます。
5 通院に公共交通機関を使用した場合、交通費も控除の対象となります。

 

 

医療費控除の対象となる歯科治療

 

すべての歯科治療が対象となるわけではありませんが、予防関連と成人矯正を除くほとんどの保険外治療が対象となります。

美容目的、審美目的で行われる審美治療については認められません。

 

医療費控除の対象となる治療


虫歯の治療
 歯周病の治療
 親知らずの抜歯などの治療
 セラミック、金歯などの詰物、被せ物
 インプラント
 歯列矯正(深刻である場合で矯正治療が必要であると判断された場合に適用)
 デンタルローンを利用、クレジットカードでの支払いの金利以外の治療費
 歯科医院に通う際の公共交通機関の運賃で付き添いの方も対象

 

 

還付金はどのくらい戻ってくる?

 

医療費控除額の計算方法は、下記の通りです。

10万円よりオーバーした金額が控除額となります。

また、保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

 

還付金についての表

 

Aさんの場合…

・実際に支払った医療費合計  20万円

・保険金などで補てんされる金額  3万円

・所得税率 20%

 

20万円-3万円-10万円=7万円

7万円×20%=

1万4000円     [還付される所得税の目安]  

電卓のイメージ画像

 

手続きの方法

 

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。

医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。

また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。

 

クレジットカードがご利用いただけます

 

お支払いは窓口での現金でのお支払の他、各種クレジットカード(VISA,Master Card,American Express,Discover,Diners Club)がご利用いただけます。


 

自費治療10万円以上の場合に限りクレジットカードでのお支払いが可能です。

保険診療は利用不可となりますので、あらかじめご了承ください。


また、一般的なクレジットカードと比べて分割払い手数料率がお得な「デンタルローン」もご利用可能です。
  visa,master,americanexpress,diners,discover,