インプラント

 

インプラントなら、本物の歯に近い見た目と噛み心地を再現できます


インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分自身の歯と見た目も変わらず、“食べる・話す”ことが出来るようになります。

入れ歯が合わなくて悩んでいる方や、自然な見た目の口元を望む方、周りの歯の健康を守りたい方に適した治療法です。

 

インプラントのメリット・デメリット

 

インプラントを正しく理解するためは、メリット・デメリットを知る必要があります。

当院では、事前にしっかりとお話をした上で、治療を進めていきます。

 

メリット

 

  顎の骨と結合するため、ガタつかず、自分自身の歯に近い噛み心地になる

  入れ歯やブリッジより、自然な歯に近い見た目になる

  周囲の歯を削らないので、他の歯に負担がない

  バランスのよい綺麗な噛み合わせになる

 

 

デメリット

 

  麻酔を使った外科手術になる

  重度の糖尿病や骨粗しょう症の方は、骨がもろいことにより治療ができない場合がある

  成長期のお子様や妊娠中の方は治療ができない

  自費診療なので費用が高い

 

 

治療の流れ

 

1

歯茎を切開し、顎の骨に穴をあけます
2

インプラント体を埋め込みます
3

顎の骨がインプラント体と結合するまで期間をおきます
4

インプラント体に被せ物の土台を装着します
5

被せ物を土台に装着して完成です
 

 

インプラントの仕組みは、歯を失ってポッカリ穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せるしくみです。

あごの骨の状態により、治療には数日~数か月かかる場合があります。

この期間中は、仮歯や入れ歯を入れることができ、歯が無いように見える状態で過ごすことはほとんどありません。

 

 

世界シェアNo.1のインプラントを使用

 

インプラントと言っても、数多くのメーカーの製品があります。

安心・正確なインプラントを受けるためには、インプラントを行う歯科医師の技術も大切ですが、信頼性の高いメーカーのものを選ぶことも非常に大切です。

当院のインプラントは世界シェアNo.1の「ノーベルバイオケア」社の製品を使用しています。

「ノーベルバイオケア」社は、最も歴史が長く、インプラントの開発で世界の最先端の技術を持っており、実績においても世界で群を抜いています。

 

  ノーベルバイオケア社イメージ

 

最も歴史のあるメーカーである

世界初の実用インプラントシステムとして、世界的に最も知名度の高いインプラントメーカーです。

汎用性に富み、あらゆる症例に対応できる

あらゆる骨の厚さ・硬さ・状態に対応した製品です。

長期的な臨床の実績を持つ

1本の歯を失ってしまった方から、複数の歯を失ってしまった方まで、10年経過後の残存率が97%という高い成功率です。

多くの歯科医院で使用されている

当院に通えなくなった場合でも、トップシェアを誇るインプラントメーカーを使用していれば、他院でも安心してアフターケアを受けられます。

 

 

3DCT撮影装置によるシミュレーション

 

また、3DCT撮影装置を院内に完備しています。

CT撮影装置は大学病院に導入実績の高い日本製のものを導入しています。

治療開始前に3次元的にシミュレーションを行った上で実際の治療を始めることができます。

3DCT撮影装置の写真

3DCT撮影装置
実際のCT写真

実際のCT画像